Dreams come true projectとは?

当団体は、児童養護施設等を基本とした子供達に愛情あるコミュニケーションや楽しいイベント企画を通じて、子どもたちの一生の思い出に残る最高に楽しい一日を提供するボランティア団体です。

元々は、2016年1月にジェームス・スキナー(以後・ジェームス)により創立された、KOKONOWと呼ばれる『進化』を趣旨として諸活動を行う有料会員制の団体の一部でしたが、2017年の6月を期に独立。

創始者の教えである「人生の秘訣は与えること」であることを実践していくために、KOKONOWの会員それぞれが自発的に活動、協力し、会員の寄付やボランティアにて運営されております。

主な目的としては、児童養護施設などの子供達に対して、触れ合いや様々な体験を一緒に共有する事で、「こんなカッコいい大人もいるんだ!」、「自分もこんな大人になってみたいな!」という気持ちを子供達に持ってもらい、大人になることへの楽しみや大きな夢を持つきっかけを提供する事を目的としています。

 

これまでの活動実績としましては、

2016年12月 東京ディズニーランドへ児童養護施設の子供達を招待

2017年6月 元NBAプロバスケットボール選手ラリー氏を招いてのバスケット教室

2017年7月 児童養護施設を訪問し、流しそうめんイベントやレクレーション大会開催

などがあり、毎月定期的に特定の児童養護施設へ足を運び、子供達との定期的な交流などを行うようにしています。